支所長より

この度、吉田教悟師の任期満了に伴い、支所長に就任いたしました越後73番金泉寺住職小林知明と申します。

就任早々、新型コロナウイルスの世界的な蔓延で通常の活動や行事の実施がままならない状況です。振り返ると疫病や未知なる病原体との闘いが、人類の歴史であったとも言えます。新型コロナウイルスが収束するまで、宗派からも支所主催の行事を自粛するように求められています。感染拡大に配慮した対応をとらせていただきます。このような危機的な状況の中でこそ、我々仏教教団の真価が問われるものと思います。暫くは、皆様の生活も従前のように行かないことも多いと拝察いたします。このような状況の中で、支所役員一同、越後支所の全寺院と連携して、檀信徒、信徒の皆様の安寧と新型コロナウイルスの早期収束を祈念して「愛宗護法」の念を強くしたいと思います。

集会や行事の自粛が求められている中で、このホームページを活用して情報発信に勤めて参りたいと存じます。困難な日々が続くと思いますが、「行動する祈りの教団」として活動の歩みを止めることなく、支所下寺院と檀信徒、信者の皆様と活力ある支所運営を行っていきたいと思います。 新役員一同、困難な局面に心ひとつにして精進して参ります。皆様の一層の御協力、御支援をお願い申し上げて挨拶とさせていただきます。

令和二年度 越後支所努力点

● 新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、檀信徒の皆さんの生命の安全を第一に分かりやすく、楽しい布教を行います。

● 新型コロナウイルスの感染拡大に配慮しながら、檀信徒と共に以下の研修会を実施いたします。

 〇 支所檀信徒研修会 〇 各組檀信徒研修会 〇 支所寺族研修会

 〇 支所青少年研修会 〇 同和・人権研修会

● 時代を担う若い僧侶を育てます。

 〇各種会合、研修会への副住職等の参加促進

 〇越後仏教青年会への支援・育成

PAGE TOP
MENU